主婦、学生さん等借り入れに不安がある方向けの情報をお届け

主婦でも借りれるキャッシング会社はある?

キャッシングの利用を検討している人には様々人がいるでしょう。自分は利用できるのかと不安に感じる人もいるはずです。主婦の方もその例かもしれません。ここでは主婦でも借りられるかキャッシングサービスはあるのかということを解説します。

 

主婦でもお金が必要なときはある

専業主婦として働いていても、急なお金の持ち出しはいつ起こるかわかりません。そんな時に消費者金融や銀行が行っているキャッシングやカードローンは非常に役に立ちます。

 

主婦の場合でも、アルバイトやパートタイムを行っていれば基本的にお金を借り入れすることができます。しかし、収入のない専業主婦の場合は借り入れできる会社はかなり少なくなります。

 

これは「総量規制」が関係している為です。

 

総量規制とは、お金を借り入れする債務者への過剰貸付を防ぐために定められた規制です。このことにより、債務者は年収の3分の1以上の借り入れができなくなりました。つまり、総量規制の対象となる金融商品の場合、働いていない専業主婦は収入自体がないためお金の借り入れを行うことができない…と言うわけです。

 

送料規制の対象となっているのは消費者金融や信販会社、クレジット会社といった「ノンバンク系」の金融商品です。ですから、アコムやプロミス、モビット、アイフルなどといった借入先の金融商品を専業主婦は利用することができません。

 

アルバイトをしている主婦の方は借りられる

 

しかし、総量規制法の観点からアルバイトをしている主婦の方は、収入の3分の1以下の借り入れを行えるわけです。因みに総量規制の対象となる金融商品の場合、専業主婦の配偶者(旦那さん)が高給取りの場合であっても、本人に収入がない場合は借り入れを行うことができません。

 

 

これが銀行系のキャッシングとの大きな違いと言えるでしょう。専業主婦の方が借り入れを行おうとした場合、ノンバンク系の金融商品は利用できませんが、限られた銀行の同商品でしたら利用することができます。

 

銀行系のキャッシングやカードローンは総量規制の対象外となっているため、収入のない専業主婦の方でも借り入れを行うことができます。それでも、借入限度額が低めに設定されていることがほとんど。その額は30万円から50万円といったところです。

 

著名な借入先としてはみずほ銀行、三菱UFJ銀行、楽天銀行、イオン銀行などがあります。上記した各銀行では、本人に収入のない専業主婦の方でもお金を借り入れすることができます。

 

パートやアルバイトをしている専業主婦の方ももちろん利用が可能です。一昔前の感覚でしたら主婦がキャッシングを行う…という行為自体がタブーと考えられていましたが、現在ではそれが当たり前の行為として見なされています。主婦の方でも急なお金の用事に困る事は必ずあります。そんな時でも借り入れできる金融機関がある、ということを知っているだけでピンチを乗り切れることができるのです。