本人確認に何が必要か知りたい人向けの情報をお届け

身分証明には何が必要?

本人確認書類に何が必要となるかは、実際に利用したことのある人しか知らないかもしれません。しかし、あらかじめ何が必要か知っておくことは手続きをスムーズに進めるのに大事なことです。キャッシングの身分証明には何が必要かを説明します。

 

キャッシングの審査にうは本人確認書類が必要

お金を借り入れる際には、必ず審査を受けなければいけません。急なお金の用意が必要となった時、消費者金融だったら申し込みをしたらすぐに借り入れを行える…そんな軽い気持ちで申し込みをしても、必ずその日のうちにお金を借り入れできる保証は全くありません。確かに消費者金融のキャッシングやカードローンの審査は非常に早く、申し込みをすれば1時間程度で金融商品の利用が可能となる借入先も珍しくありません。

 

しかし、お金を借り入れする場合、提出しなければいけない書類が必ず発生します。

 

これは借入希望額や借入先金融機関の条件によって少しずつ異なります。

 

まず消費者金融や銀行、ネットバンク等のカードローンやキャッシングに申し込みをする場合、確実に必要となる書類は「本人確認書類」です。本人確認書類とは、いわゆる身分証明証のことを指します。どんなに審査が甘いと言われる借入先でも本人確認書類の提示が無いことは有り得ません。

 

本人確認書類は自動車の運転免許証、健康保険証、パスポート、住民票等といったもの。これらの身分証明書類を持ち合わせていない場合はお金を借り入れすることができません。うっかり身分証明書類を忘れて自動契約コーナー等で申し込みをした場合はまた自宅まで書類を取りに帰らなければいけません。要注意です。

 

 

また、本人確認書類の他に収入証明書類が必要となるケースもあります。これは数ヶ月分の給料明細や源泉徴収票、住民税の確定通知書等です。収入証明書類は在籍確認にも直結します。借り入れする本人が本当に審査の際に書き込んだ職場で働いているか…給料明細を提示すれば、それが本当かどうか分かります。

 

少なくても直近3ヶ月分の給料明細が確認できれば、本人が審査の際に書き込んだ職場で働いている…と言う確認が取れます。消費者金融の場合、大抵希望限度額が50万円以下であれば、収入証明書の定時が不要となります。しかし希望限度額が50万円以上の場合は収入証明書類が必要となります。

 

また、他の会社からもお金を借り入れしており、その借入総額が100万円を超えているときには収入証明書類が必要となります。収入証明書類の提示は各金融機関により、希望限度額の差が出ます。例えば新生銀行レイクや三菱東京UFJ銀行などは希望限度額が100万円以上の場合に収入証明書類が必要となります。

 

しかし楽天銀行の場合は希望限度額が200万円以上…とされています。また、借り入れを行う…と言うだけで収入証明書類の提示を求められる借入先もあります。基本的に借入希望額が少額の場合、本人確認書類だけで済みますが、多額の場合は念のため収入証明書類も用意しておく必要があります。