少しの金額でキャッシングを利用したい人向けの情報

最低でいくらから借りれる?

出来れば少額からキャッシングを利用したいという人もいるでしょう。ここではキャッシングでは最低でいくらから利用することができるのかを説明します。

 

最低でいくらから借りれるのか

あと少しお金が足りない…!急な仕事の接待が入り、あと数千円財布にあれば安心できる…社会人として生活していれば、こんなシチュエーションに出会う事は多々あります。そんな時にキャッシングやカードローンといった金融商品は非常に役に立ちます。

 

急いでいる場合、消費者金融のキャッシングやカードローンに申し込めば、スピーディーにお金を借り入れすることができます。消費者金融は各業者にもよりますが、大抵の場合スピード審査を行っています。そのため、申し込みをしてから1時間以内でお金の借り入れが行える…そんな借入先も存在します。

 

しかし、問題は借り入れを行うときの金額です。カードローン等の審査に可決して、お金を借りる際には借入限度額が提示されます。この借入限度額は大抵1万円単位で表されているはずです。しかしそれよりもっと細かい単位での借り入れは行うことができるのでしょうか…?ほとんどの方の場合、お金を借り入れるときは、区切りの良い単位で行います。その際に1番きりの良い数字が「万」という単位。しかし、1万円単位でしかお金を借り入れできない…というわけではありません。千円単位でもお金を借り入れすることはもちろんできます。

 

借入できる代表例はプロミスやアイフル、アコムやモビットといった大手の消費者金融です。あと5,000円ほど財布に入っていれば安心する…そう思った時は5,000円をATMから借り入れすることもできます。必ずしも1万円単位でお金を借り入れしなければいけない、という決まりはありません。しかし、銀行系のカードローンなどの場合は最低単位が1万円としていることもあります。

 

こういった場合、1万円に利息がかかってしまう計算となるので、少額融資を希望されている方の場合は、不向きとなります。数千円借り入れしたい…と言う方はアコムやアイフルなどといった大手消費者金融のキャッシングやカードローンを利用することをお勧めします。また、その際は返済のときに発生する手数料にも気をつけて下さい。借入先金融機関の専用ATMからの返済出ない場合は、返済する際に手数料が発生します。例えば3,000円借り入れして、その返済に手数料が216円かかる…

 

はっきり言って馬鹿馬鹿しいですよね。どうせでしたら、手数料がかからない借入先専用ATMで返済した方がお得です。また手数料が発生する場合、こまめに借り入れしても、返済する時はある程度まとまった金額で返済するとをお勧めします。返済する回数が多いと、その度に手数料がかかってしまいますからね。なるべく手数料は払わないよう、また、発生したとしてもなるべく最低限に抑える、これが借入の原則です。